染の小道(新宿区中井)

江戸時代から戦前の昭和の時代へと。
妙正寺川や神田川流域で発展してきた染色の技術を維持してきた職人達の作品。
その粋な技術の「反物」を『川のギャラリー』で。
また『道のギャラリー』では個性豊かな「のれん」を見ることが出来た。
e0155784_19170937.jpg
e0155784_19171320.jpg
蓮の実に変えて染色された布が入れられて。
e0155784_19171982.jpg
「のれん」のコラージュ。
e0155784_19172665.jpg

[PR]
by qwert61 | 2018-02-25 19:30 | 風に吹かれて | Comments(0)


<< 東京マラソン 河津桜の見える坂 >>